妄想・空想 豊かな想像で最強の世界を描く『映像研には手を出すな!』

乃木坂46 齋藤飛鳥山下美月梅澤美波が主演を務めた学園青春ドラマ 2020年放送の『映像研には手を出すな!』を紹介します。
たかがアイドル・ドラマと思うなかれ!個性強めの女子高生役をそれぞれが見事に演じきったGoodな作品に仕上がっています。とくに、想像力豊かで極度の人見知りという浅草みどりを演じる齋藤飛鳥さんのアニメとも実写とも思えるような演技に釘付けでした。
もちろん、現実的で機転が利き、金に目がない金森さやかを演じる梅澤美波さん。楽観的で可愛い人気者 水崎ツバメを演じる山下美月さん。ともに役とシンクロしていて素晴らしかったです。
全6話、あっ!という間に見終わったって感じです。

(余談)10年前に娘達と離れて暮らすことになり心が落ちていました。そんな時メガシャキのCMに出演していた女性に心を奪われたんです。たぶん生まれてはじめてひと目惚れした人かもしれません。その人は、白石麻衣さんでした。このことがきっかけで、乃木坂46の番組 乃木坂って、どこ!⇒乃木坂工事中を欠かさず見るようになり、白石麻衣さんだけではなく乃木坂46のメンバー全員がお気に入りになりました。まるで、娘の成長を見ているようで癒されました。
そんなお気に入りのアイドルグループ 乃木坂46のメンバーが出演するドラマなので、贔屓目はあるかもしれませんが、それを差し引いても間違いなく楽しいドラマです。

※乃木坂46のコンサートや握手会など参加する機会はありましたが、自分の年齢を気にして行った事ありません。(T△T)


◆INTRODUCTION

芝浜高校

校則 第7条「一生徒一倶楽部」
健全なる学校生活のため、本校生徒は、必ず倶楽部に所属する。

部活動数413
研究会または学生組織数72


「我ながらいい高校に入学した。」

アニメを作ることが夢の浅草みどりは、入学した芝浜高校のロケーションを見てここを舞台にアニメを作りたいと思います。
「アニメを作りたい。」「アニ研の見学に行きたい。」と思っている浅草みどりですが、ひとりでは行動ができない極度の人見知りでした。そんな彼女は、中学から一緒の金森さやかを無理に誘い、アニメ研究部の発表を見にいくと、偶然そこに人気読者モデルの水崎ツバメがやってきて、唐突に「わたしもアニメ好きなの。その帽子貸して。」と、一方的に話しかけ、浅草みどりから帽子を借りると自分のスケッチブックを預け、彼女を追いかけてくる黒服の男達から逃げていくのでした。
なんとか黒服の男達から逃げ切った水崎ツバメは、浅草みどり、金森さやかに追いかけられていた事情を話します。それは、自分はアニメータになりたいのに、俳優をしている両親に反対され、アニメに関わらないよう水崎家の使用人に監視されているということだったのです。

浅草みどりと水崎ツバメは、互いのスケッチブックを見ながらアニメの話で意気投合します。その様子を見ていた金森さやかは金儲けのにおいを感じ、水崎ツバメに浅草みどりとアニメを作ることを持ちかけるのでした。しかし両親にアニメに関わることを反対されている水崎は戸惑いますが、金森さやかは、アニメ研究部に入るのではなく新たな部活動として立ち上げようと言うのでした。

さっそく大・生徒會に新たな部活動申請に行くのですが、他の映像関連の倶楽部と何が違うのかと詰め寄られてしまいます。浅草みどりは、大・生徒會に認めてもらうことは難しいと思い帰ろうと言い出すのですが、機転の利く金森さやかは、大・生徒會役員たちを前に新たな部活動として認めてもらうべく熱く語るのでした。

『映像研究同好会』

「映像コンテンツの視聴手段の多様化により映像媒体の垣根がなくなる現在、全ての映像媒体に最適化されたオールマイティーな映像コンテンツをつくる革新的かつ独創的な可能性をみいだしました。
自分達にしかできない、唯一無二の活動をする事を約束します。」

金森のプレゼンを聞いた大・生徒會役員たちは、認可の条件を出し期間限定での活動を認めることにします。

認可条件
・顧問の選定
・活動内容を示す資料の提出(1週間以内)

そして約束の1週間後、大・生徒會に向かった3人でしたが資料を準備していませんでした。しかし、ここでも金森さやかの機転により、自身が撮影した映像を提示して『映像研究同好会』としての仮認可を受けます。
しかし、正式な倶楽部として認可を受けるには、2ヵ月後におこなわれる予算審議委員会にて活動実績を提示しなければならないのでした。





◆CAST

浅草 みどり(齋藤 飛鳥)芝浜高校1年。イメージボードや設定画を描くのが得意で、小学生の頃からアニメを作りたいと思ってる。妄想・空想・想像力の豊かな女子高生。極度の人見知りで知らない人が大の苦手。独特の口調が特徴。

金森 さやか(梅澤 美波)芝浜高校1年。現実的であり堅実的な考えを持ち、常に金儲けを考えている。アニメについての知識は皆無。機転が利き、話に説得力がある。アニメ制作においてプロデューサー手腕を発揮する。

水崎 ツバメ(山下 美月)芝浜高校1年。カリスマ読者モデルでお嬢様。人物画を描くのが得意でアニメーターになりたいと思っているが、俳優の両親にはアニメに関わることを反対されている。

道頓堀 透(小西 桜子)芝浜高校 大・生徒會 生徒会長。

さかき ソワンデ(グレイス・エマ)芝浜高校 大・生徒會 書記。

阿島 九(福本 莉子)芝浜高校 大・生徒會 斬り込み隊長。(生徒會直轄の警備部などをまとめている)

王 俊哉(松崎 亮)芝浜高校 大・生徒會 会計。

ゲバラ(中山 求一郎)昭和館。大・生徒會の情報収集などを行っている。

藤本先生(高嶋 政宏)映像研顧問。

黒田(鈴之助)水崎家使用人。ツバメがアニメつくりに関わらないように監視している。

麻笠(出合 正幸)水崎家使用人。ツバメがアニメつくりに関わらないように監視している。


※ブログ内で使用しています画像などに問題がありましたら、[CONTACT]より連絡をお願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください