いまでも続きが気になる漫画「ファイアスノーの風」




1993年に週刊少年ジャンプで連載されていた、ファンタジー冒険漫画「ファイアスノーの風」を紹介します。作者は、松根英明氏。全11話(単行本1巻)で終了した作品です。
物語の途中で終わったような描き方でしたので、いつ再開するのか楽しみにしていたのですが・・・・・
あれから25年も経ってしまいました。(現在2018年)

もしかしたら、この物語は余韻を残したまま終ることで完成ということなのだろうか?

賛否両論あるとおもいますが、僕は、いまでも続きを見たい漫画です。



◆INTRODUCTION

赤いマントを羽織り白いガムルを連れた剣士ゼノ。彼は旅の途中に、謎の一団に襲われ瀕死の重傷を負った男から、死に際の願いとして、1本の剣を破壊して欲しいと頼まれるのでした。
「死者との約束は必ず果たす。」が、信条のゼノは、己の剣で破壊しようとするのですが、折ることはおろか、傷をつけることすらできませんでした。そこで、近くにある鍛冶屋を尋ね、剣の処分を依頼する事にします。
娘と2人暮らしをしている鍛冶屋のワグナーは、すべての鍛冶技術を用いて処分しようと試みますが、処分する事ができませんでした。そんなさなか、謎の一団に爆弾を投げ込まれてしまいます。爆発の中、間一髪脱出した彼らでしたが、その一団に取り囲まれ襲われてしまいます。ところが、40人以上もいるその一団を、剣士ゼノは、野獣のような戦いで撃退するのですが、爆発により鍛冶屋のワグナーは致命傷を負っていました。ワグナーは死に際に、娘を安全な場所まで連れて行って欲しいと願い事をされます。
またしても、死者との約束を交わしたゼノは、鍛冶屋の娘シーナを連れて、彼女を安全な場所まで送り届け、預かった剣を処分をするという、死者との約束を果たすための旅が始まるのでした。

ゼノが処分を依頼された剣には、想像を超える秘密が隠されおりその剣を狙う組織との“戦いの旅”でもありました。





◆CHARACTER

ゼノ
赤いマントを羽織り白いガムルを連れた強力な剣士「赤い野獣のゼノ」。自己中心的で無神経に見えるが、「死者との約束は必ず果たす」ことを信条としている。

シーナ
捨て子として孤児院で育つが、ワグナーの許に引き取られ育てられる。ワグナーを父と慕っていた。

アン
白いガムルの子供。雌。強力な炎を吐き、翼で風を操る。
※ガムル 大きな翼と長い首の物語世界に生息する獣。

ワグナー
シーナの義父。ゼノが剣の処分を依頼した鍛冶屋。爆弾によって致命傷を負い、シーナの身の安全をゼノに託して息を引き取った。

ホーク
離れた間合いから相手を斬ることのできる「疾風術」を使う魔剣士。剣の確保と、剣の秘密を知る者、全てを抹殺することを目的としている。ゼノがかつて友人と呼んだ唯一の男バロを殺し、幼いゼノを崖下の魔物の森に落とした人物。

シュラ
ホークの愛人。幻術が使える魔術師。

バロ
ゼノがかつて友人と呼んだ唯一の男。物語の5年前にホークに殺された。


※ブログ内で、使用してます画像などに問題がありましたら、CONTACTより連絡をお願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。








 

One thought on “いまでも続きが気になる漫画「ファイアスノーの風」

  1. うーん、懐かしい。
    当時、少年ジャンプ本誌で見てたけど、最終回では終わり柱の部分、
    「第一部 完」って表記されてたんですよね。だから自分もいつか
    再開するって思ってましたけど、著者が既に漫画から離れているのが寂しいですね。
    この人の作品はどれも話が丁寧でジークとシーナの買い物シーンなんかは
    RPGの店巡りのようで見ててワクワクしたもんです。

    どこかの誰かがこの作品のイメージ曲を作ってましたけど、
    雰囲気があってとってもいい曲でした。
    http://lowfrequencyeffects.blogspot.com/2015/10/op.html

    1. つんつんさん

      コメントありがとうございます。
      教えていただいたイメージ曲さっそく聞かせていただきました。
      奥行きを感じる壮大な曲ですね。
      本当に、雰囲気があっていい曲でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください