アリスに隠されたメッセージ「アリスインワンダーランド~時間の旅~」

娘のすすめで、一緒に観た映画 2016年公開「アリスインワンダーランド~時間の旅~」を紹介します。僕の中では、アリス=少女というイメージでしたが、この作品に登場するアリスは大人のアリスでした。なんとなく、違和感を覚えたのですが、ストーリーが進むにつれ、この作品に引き込まれていく自分がいました。

「死んだ家族が生きている。探して欲しい」と言うマッドハッター
「不可能と答える」アリス
するとマッドハッターは、「君はアリスじゃない。アリスなら僕を信じてくれるはずだ。」

不可能を可能にすること「信じること」なのかもしれない?考えさせられました。

ワンダーランド=アリスの心の中

◆INTRODUCTION

父の形見であるワンダー号の船長として、3年にわたる大航海を成功させロンドンに戻ったアリスは、母親が生活のため、元婚約者ヘイミッシュに自宅の所有権を譲渡する契約を結んだことを知るのでした。
ヘイミッシュは、「ワンダー号を譲渡すれば、自宅の権利を返す」と条件を突きつけます。父の愛した船を手放したくないアリスは途方にくれることになります。そんな彼女の前に、突然、青い蝶アブソレムが現れマッドハッターの危機を告げるのでした。アリスは、マッドハッターを救うため、鏡を通りぬけてワンダーランドに向かいます。そこには、死んだはずの家族の帰りを待ち続けるマッドハッターがいました。白の女王らは、マッドハッターの家族を蘇らせるため、アリスに、過去を変えて欲しいと頼みます。アリスは、時を操れるクロノスフィアを手に入れ、時間を操る番人・タイムの追跡を逃れながらワンダーランドの時間をさかのぼるのでした。

アリスは知りませんでした。それが、ワンダーランドの[はじまりの真実を知る]禁断の時間の旅となることを・・・。

◆CAST

アリス(ミア・ワシコウスカ)
[ワンダーランドの救世主] 3年前のワンダーランド冒険で成長し、亡き父の後を継いで船長として活躍する勇敢な女性。

マッドハッター(ジョニー・デップ)
[過去に囚われた帽子屋] 奇天烈で、傷つきやすい心を持つ帽子職人。

赤の女王・イラスベス(ヘレナ・ボナム=カーター)
[ワンダーランドの暴君] ワンダーランドの暗黒時代を支配したかつての暴君。妹、白の女王に嫉妬心を燃やす。

白の女王・ミラーナ(アン・ハサウェイ)
[ワンダーランドの賢君] 現在、ワンダーランドの統治者。姉、赤の女王との間に幼少期の秘密を抱える。

タイム(サシャ・バロン・コーエン)
[時間を操る番人] 無限の空間にそびえる永遠の城に棲む「時間」の化身。

白うさぎ
3年前、アリスをワンダーランドに連れてきた。

チェシャ猫
自由に姿を消したり表したりできる、気さくでマイペースな猫。

アブソレム
青い蝶 ワンダーランド随一の賢者。

トウィードルディーとトウィードルダム
シュールな会話をする、まるまると太った双子。

マリアムキン
夕刊だが、どこか行動がずれている女の子のヤマネ。

三月うさぎ
かつてお茶会を主催したマッドハッターの友だち。

ベイヤード
忠誠心の強いブラッドハウンド(犬)。

※ブログ内で、使用しています画像などに問題がありましたら連絡をお願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください