『一緒にいて楽しい人になる』

何気に開いたページに載っていた言葉『 一緒にいて楽しい人になる。』
一緒にいて楽しい人とは、どのような人のことだろう?ギャグや話術で周囲の人たちを笑わせている、面白い人ということなのだろうか?

何気に開いたその本には、このように載っていました。

笑いは二人の人間の距離を最短に縮める。
あなたはいっしょに心から笑うことができた人に対して、非常に親近感を感じた経験があるだろう。一緒に笑うことができる人は、あなたを気分よくさせ、人生観を前向きにし、エンドルフィンを交感神経から分泌させてくれる人だ。しかし、何といってもいちばん大切なことは、その人と一緒にいると楽しいことである。
自分を笑わせてくれる人のことを考えてみよう。その人はあなたにとって、最も親近感を感じることのできる人であるはずだ。

もっと見る

8月の言葉『自分をよく知る』

8月の言葉 『自分をよく知る』

無意識にめくったページに、
「自分を信じれば多くのことが可能になる。しかし、そのためには、自分がどういう人間なのかをまず知っておく必要がある。」
と、書いてありました。
自分はどんな人間なのだろう?自分の長所は?短所は?
考えてみましたがよくわかりません。

もっと見る

7月の言葉『ささいなことに喜びを見いだす』

人間の欲望はとどまるところをしらない。
「これが欲しい?」そして、それが手に入ると「あれが欲しい?」次から次へと湧き出てくる欲望。しかし、そのこと自体は、向上心を高める上で大切なことであると思いますが、欲望が大きくなればなるほど、小さなことに喜びを感じる感覚が鈍くなっていくようにも思います。
大きな目標、欲望を持ちながらも、小さな喜びも大切にできるように暮らして生きたいものです。

もっと見る