10月の言葉『達成感を楽しみながら進む』

達成感を楽しみながら進む

成功者は、失敗者がしたくないことをする。

するのがいやだからというただそれだけの理由で何かをしたがらない人は、あなたのまわりのもたくさんいるだろう。もしかすると、あなたもその一人かもしれない。

 

したくない仕事は職場にも家庭にもある。なぜ、したくないのか?
それは、面倒なプロセスにばかり気をとられて、それを成し遂げることで得られる達成感についてあまり考えないからだ。

成功する人は達成感に意識を向ける。

自分が今まで仕事を成し遂げたときに感じた誇らしい気持ちを思い出そう。

[1分間でやる気の出る146のヒント]より


無意識にめくったページに書かれていた言葉「達成感を楽しみながら進む」
いまの自分にピッタリの言葉だ。
例えばこのブログ、公開してから半年経ちますがこれといった結果が現れないことで、更新することが億劫になってきていました。
結果というものはすぐに出ることもあれば時間のかかることもあります。思い返せば、営業マン時代に契約をとるまで何件も何件も飛び込みしたことがありました。断られるごとに気持ちが塞ぎこんでいきましたが、それでもがむしゃらに飛び込みを続けていくと、話を聞いていてもらえるようになり、ようやく契約をとることができました。不思議なことに、初契約をとってからは堰を切ったように次々と契約がとれるようになりました。

その時に感じた「やりがい」「満足感」「充実感」「優越感」を思い出し、いま取り組んでいることで得られる達成感に意識を向け進んでみよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。