「努力=成功ではない」

こんにちは、Adsenseで成果の出ないアイズです。
ブログにAdsenseを掲載するようになって約半年が経過しますが成果には結びついていません。
なぜか、クリック数が表示されていたのに翌日確認するとクリック数が0になっていたり、さらに7月の結果では、クリック数と収益が減らされるということがありました。「なぜだろう?」と考え出た答えが、これが無効クリックなのではということです。収益に結びつけるためには、まだまだ道のりは長そうです。
「千里の道も一歩から」180歩くらいはすすめてるかな・・・?

 

「努力=成功」ではない。

「これほど頑張っているのに何で上手くいかない!」

「こんなに努力したのに・・・」

僕もいまから7年前、強く心から思いました。独立して6年、厳しい時も諦めず新たな取引先を開拓し、休みを減らし、寝る時間を削り、家族を犠牲にしてまで頑張っていたのに、できうる限りの努力をしていたのに・・・
それなのに事業はうまくいかず、家庭を失い、最終的に廃業することになってしまいました。
家族には本当に申し訳ないことをしたと思います。ですが、その時の経験で学んだことが「努力したからといって報われるわけではない!」ということです。

ある有名人は 「努力は必ず報われる」と話していました。その彼女は、努力が報われた稀な人ではないでしょうか。 僕が思うに、努力が報われるのは学生時代の勉強(学問)だけではないかと思います。つまり、答えが決まっているものに関しては、努力して覚えることで結果につなげることができる。しかし、社会に出てからは、答えの決まっていないことが多いものです。答えの決まっていないことで成功するためには、努力だけで得られるものではないと思います。だからといって、努力することが無意味というのではありません。努力は必要です、ただし努力=成功ではないのです。

 

「成功するためには、努力以外に何をすべきなのでしょうか?」

「努力しても成功できないのであれば、なぜ努力する必要があるのでしょうか?」

僕も同じように思います。しかし、努力して上手くいかなかったという事実が、次のステップに進むためのスタートラインに立つことにつながると思います。努力したからこそ感じることのできる挫折、そして見えてくる問題点、それらを修正することで少しずつ着実に前に進むことができるのではないでしょうか。
さらには、努力したからこそ知ることのできた様々な情報から新たな発想が生まれ、目標に向けた新たな計画をたてることができるのではないでしょうか。

僕が会社に勤め始めたころに教わった言葉
「See(事実を見る)Think(考える)Plan(計画する)Do(実行する)」

そして、いま僕が考えるのは、

「See(事実を見る)Analysis(分析する)Think(考える)Idea(発想)Plan(計画する)Do(実行する)」
これを繰り返すことが努力であり、成功へ近づくための行動なのだと思います。

偉大な音楽家ベートーベンが残した言葉
「努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している。」

 

努力=成功につながらなくとも、成功に向かって進むためには努力は必要なのです。広い視野をもち、様々な経験をつみ、たとえ挫折しても折れることなく立ち上がり進んでいきましょう。

小さなことかもしれませんが、せっかく審査に通った「Adsense」を無駄にしないためにも、いまの現状を見つめ、問題点を探り、柔軟な発想をもち、目標に向けた計画を立て努力していこうと思います。

努力は報われないかもしれない・・・しかし、成長することはできる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください