25年後、ふたたび現れた天野あい。その理由とは?「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018」

2018年1月から、テレビ東京系列で放送されていた実写ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018」を紹介します。
このドラマは、1989年に週刊少年ジャンプに連載されていた、桂正和先生のマンガ「電影少女」の25年後を描いた物語になっています。「オレ、天野あい よろしくね。」ビデオガール天野あいは、25年前、弄内翔の叔父、弄内洋太の前に現れ、最終的に人間へと生まれ変わりました。あれから25年後、今度は、弄内翔の前に現れた天野あい。彼女が現れた理由とは?
ときめき はがゆさ 切なさ 苦しさ ・・・いろいろな心情を感じることができた物語でした。
アイドル好き 二次元好き 無関心な人 若者 中高年 男性 女性・・・など、幅広い層に受け入れられるのではないでしょうか?

◆INTRODUCTION

両親が離婚したことをきっかけに、絵本作家である叔父が、かつて暮らしていた家で一人暮らしを始めた高校生の弄内翔。彼がベットに横になっていると、ガタッと物音が響きます。物音が気になった翔は、クローゼットを開け、床に落ちている中身のないビデオケースを見つけます。タイトル「なぐさめてあげる 天野あい」。そばに置いてあった、ビデオデッキにはビデオテープが入ったままでした。そのビデオを再生すると、ノイズまじりの、女の子の映像が流れはじめるのでした。「AVかぁ ないない」と、停止ボタンに指をのばした時、ビデオの女の子が、自分の気持ちをわかっているかのように、語りかけてくるのでした。そして、その女の子に言われるがまま、自分の願いを思い描くと、TVの画面が輝きだし、ビデオに映し出された女の子が飛び出してきたのです。

ビデオガールの再生時間=寿命は3ヶ月。翔とビデオガール天野あい、そして、翔の友人や25年前の天野あいを知る人たち、それぞれの想いを描いた物語が、はじまるのでした。

◆CAST

ビデオガール・天野あい(西野七瀬-乃木坂46-) 25年の月日を経て2018年に現れたビデオガール。感覚は25年前でとまっているが、過去の記憶は無い。古いビデオデッキで再生されたため、本来のビデオガールと異なっている。

弄内翔(野村周平) 親の離婚をきっかけに一人暮らしを始めた高校生。優しく純粋であるが、消極的な性格。親友の古矢智章、片思いの柴原奈々美と共に、アニメコンクールの作品づくりに励んでいる。キャラクターデザイン担当。

柴原奈々美(飯豊まりえ) 古矢智章に想いをよせる、弄内翔の同級生。アニメコンクールの作品づくりでは、シナリオを担当。

古矢智章(清水尋也) 弄内翔の同級生。柴原奈々美の気持ちに気づいているが、弄内翔のことを思い気づかないフリをしている。アニメコンクールの作品づくりでは、プロデューサー的な役割。

大内リカ(大友花恋) 弄内翔の中学時代の後輩。弄内翔に想いをよせており、自分の想いに素直に行動する。

弄内洋太(戸次重幸) 絵本作家で弄内翔の叔父。25年前に天野あいと一緒に暮らしていた。
かつて同級生に妹と紹介した「天野あい」を、娘と紹介したことにショックをうける。

清水浩司(村上淳) 25年前の天野あいを知る、大ヒット映画を手掛けたプロデューサー。

人間・天野あい 25年前、弄内洋太と一緒に暮らし、奇跡の力により人間へと生まれ変わった。

好きだという想いを抑えたまま、傷つくことを恐れ、自分を守り続けてきた。
傷つかず、痛みも、喜びも知らず・・・でも・・・それって生きてるの?
たとえ傷ついても、勇気を出して想いを伝えたその瞬間、誰かがそこにいた確かな証になる。

※ブログ内で、使用してます画像などに問題がありましたら連絡を、お願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。