韓国ドラマ SFファンタジー・歴史ドラマ「太王四神記」




(見放題)[2021年8月28日 23時59分まで]


2007年に韓国で放送された、ペ・ヨンジュン主演の歴史ドラマ 「太王四神記」を紹介します。物語の舞台は、朝鮮半島に存在した国「高句麗」。その第19代国王が、神話時代からの宿命をうけて広開土王となっていく姿を描いた、SF + ファンタジー + 歴史ドラマです。

 

◆INTRODUCTION

火の力で世界の支配を進める虎族は、殺戮と破壊を繰り返していました。その光景を見た神の子ファヌンは、地上に降り立ち、ともに生きる者たちを受け入れる「チュシン国」を創ります。たくさんの人々が集まり、世界は平和になるのですが、世界の支配を奪われたと感じた虎族は、ファヌンと戦争を始めるのでした。ファヌンは、虎族を治める神女カジンから火の力を取り上げ、チュシン国民である熊族の女戦士セオに「人々のために役立てるように」と、その力を与えるのでした。そしてセオは、ファヌンの子を身ごもり産むことになります。一方、ファヌンに想いを寄せていた虎族のカジンは 、セオが身ごもったことを知り、嫉妬心から再び戦争を始め生まれた子供を奪うのでした。子供を奪われたセオは、怒りから火の力を暴走させてしまうことになります。すべてを鎮めたファヌンは、いつか現れる真の王のため、神物を地上に残して天に帰るのでした。
それから2000年の月日が流れ、空にチュシンの星が輝くなか、タムドクとホゲの二人の男子が生まれるのでした。チュシンの王が生まれたことで、天の力を持つ神物「青龍・白虎・玄武・朱雀」の四神も目覚めることになります。
宿命の星の下に生まれた、タムドクとホゲ。天の力を手に入れ世界の支配をくわだてる虎族の末裔「火天会」。彼らを取り巻く者たちも含め、それぞれの目的のため戦いを繰り広げていきます。
チュシンの王となるのは、タムドクとホゲのどちらなのか?そして、神物を手にするのは・・・?





(見放題)[2021年8月28日 23時59分まで]


◆CAST

タムドク/ファヌン (ペ・ヨンジュン)
・タムドク:チュシンの星が輝いた日に生まれる。父の教えに従い、聡明で武勇に優れていることを隠し、病弱でひ弱なフリをして過ごしている。
・ファヌン(神話の時代):地上に降り立ち、人々が平和に暮らす国を創った神の子

キハ/カジン(ムン・ソリ)
・キハ:朱雀の神物の守り主の一人。火天会が朱雀の神物を強奪した際に一緒に連れさられる。記憶を失ったまま火天会に育てられ、神官として王宮に送り込まれる。タムドクと恋に落ちるが・・・。スジニの姉
・カジン(神話の時代):火の力をつかい、世界を支配しようとした虎族の神女。

スジニ/セオ(イ・ジア)
・スジニ:朱雀の神物の守り主の一人。母と姉の機転で難を逃れ、コムル村の行者に保護され、ヒョンゴに育てられる。キハの妹
・セオ(神話の時代):ファヌンより火の力を与えられた熊族の女戦死。ファヌンの子を生むことになる。

ヨン・ホゲ(ユン・テヨン)
チュシンの星が輝いた日に生まれる。タムドクの従兄弟であり天が選んだチュシン王と思われている。
タムドクと仲がよく病弱な彼を気遣うなど優しい性格であったが、最愛の母の死がタムドクの謀略によるものと思い込み、自身がチュシン王として即位することを目的にすすんでゆく。

テ・ジャンロ 大長老(チェ・ミンス)
虎族の末裔である火天会を束ねる大長老。地上の支配権を奪回するという虎族二千年来の悲願を実現すべく、巧みに人をあざむき、妖術と私兵を駆使して策略をめぐらす。

ヒョンゴ(オ・グァンロク)
コムル村第72代村長。優れた頭脳を生かし、タムドクの参謀として活躍する。スジニの師匠

チュムチ(パク・ソンウン)
シウ部族長。山賊風の豪傑、傭兵団を率いてタムドクに協力する。

チョロ(イ・フィリップ)
百済の関彌(カンミ)城の城主。タムドクが天弓を放ち神物から解放する。以後、タムドクに仕えるようになる。


※ブログ内で使用してます画像などに問題がありましたら連絡をお願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください