現実に起こりうる可能性・・・ゼロではない!「MATRIX/マトリックス」

今回、紹介する映画は、1999年に公開された全3部作からなるSF作品「MATRIX」です。ストーリーだけでなく、ワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXを融合した斬新な映像に衝撃を受けました。あれから、20年近く経つのですが、今観ても楽しめる作品だと思います。
「VR・AI・ヒューマノイド・・・」
マトリックスの世界が現実に起こりうる可能性?
人間が機械に支配される可能性?
・・・ゼロではない!



◆INTRODUCTION

コンピュータプログラマーとしてニューヨークの企業で働くトーマス・A・アンダーソン(キアヌ・リーブス)。彼にはネオという、凄腕のハッカー としての裏の顔があった。最近「起きているのに、夢を見ているような感覚」そんな違和感を抱いていたある日、彼のコンピュータ画面に不思議なメッセージが届くのでした。
メッセージに従い行動するネオは、トリニティーという女性に連れられ、モーフィアスという男性と出会うことになります。そして、世界の真実を知ったネオは、彼らとともに、人類の命運をかけた壮絶な戦いに挑むことになるのでした。

外部からの情報を分析・判断し、全身へと伝達する脳。この脳を支配されているとしたら・・・いま見えている光景、いま食している味、いま触れている感覚・・・これは現実なのだろうか?

◆CAST

トーマス・A・アンダーソン/ネオ(キアヌ・リーブス)
大手ソフト会社でコンピュータープログラマーとして勤務する好青年。しかし、ネオという、凄腕のハッカーとしての裏の顔をもっている。

モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)
仮想世界の最も危険なテロリストとして知られる伝説的なハッカー。工作船ネブカドネザル号の船長でネオを真実の世界に導く。

トリニティー(キャリー=アン・モス)
モーフィアスたちとともに戦う物語のヒロイン。 国税局のコンピューターに侵入した過去を持つ凄腕ハッカー。

エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)
マトリックスを守る監視プログラム・エージェントのリーダー的存在。 シリーズを通してネオの敵となる。



※ブログ内で、使用してます画像などに問題がありましたら連絡をお願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください