トム・クルーズ主演 スパイアクション映画「ミッション:インポッシブル」

今回紹介する映画は、僕がイチオシの俳優 トム・クルーズ主演のシリーズ1作目「ミッション:インポッシブル」です。この作品は1996年に公開されてから2015年公開の「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」まで5作品続いています。しかも。今年、2018年夏頃シリーズ6作目が、公開される予定の映画です。シリーズを通して、トム・クルーズ自身が、スタントを行っているというところが魅力のひとつでもあると思います。

◆INTRODUCTION

CIAの特殊部隊であるIMFに所属するイーサン・ハント(トム・クルーズ)らメンバーは、東欧に潜入しているCIA情報員リストである[NOC]の売買を阻止する作戦の指示をうけるのでした。しかし、作戦は敵に筒抜けであり、イーサンを除いたメンバーのほとんどが殺害されてしまうことになります。しかし、作戦の現場には、別のチームの存在がありました。つまり、この作戦自体が、武器商人マックスと内通している、二重スパイをあぶりだすための作戦だったのです。生き残ったイーサンは、二重スパイと疑われ追われる身となるのでした。そこで、イーサンは仲間を集め、真の内通者である二重スパイを探すため、独自の作戦を展開するのでした。

◆CAST

イーサン・ハント(トム・クルーズ)
CIAの特殊部隊に所属するスパイ。スパイとしての腕前は一流であり、チームのリーダーを担当することが多い。

ジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)
IMFの上級スパイで、イーサン・ハントの上司であり、クレア・フェルプスの夫。
作戦で命を落とすことに・・・?

クレア・フェルプス(エマニュエル・ベアール )
IMFのスパイで、ジム・フェルプスの妻。作戦で生き残り、イーサンと行動を共にすることになる。

ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス )
IMFを解雇された元スパイで、イーサンに誘われチームの一員となる。コンピューターハッキングの腕前は一流。

フランツ・クリーガー(ジャン・レノ)
IMFを解雇された元スパイ。クレアの推薦もあり、イーサンの仲間としてチームの一員となる。

マックス 大物武器商人

ユージーン・キトリッジ(ヘンリー・ツェニー)
IMFの職員でフェルプスの上司。フェルプスのチームに裏切者がいることを察知し、作戦によって裏切者を浮き彫りにしようとした。

ジャック・ハーモン(エミリオ・エステベス)
IMFのスパイ。作戦で命を落としてしまう。

サラ・デイヴィス(クリスティン・スコット・トーマス)
IMFのスパイ。 作戦で命を落としてしまう。

ハンナ・ウィリアムズ(インゲボルガ・ダクネイト)
IMFのスパイ。 作戦で命を落としてしまう。



※ブログ内で、使用してます画像などに問題がありましたら連絡をお願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください