韓国ドラマ イ・ビョンホン主演 壮大なスパイアクションドラマ「IRIS-アイリス-」


2009年放送のイ・ビョンホン主演のドラマ「IRIS-アイリス-」を紹介します。総制作費 200億ウォンという壮大なスケールのドラマに仕上がっており、韓国では最高視聴率39.9%を獲得した作品です。日本やハンガリーなどで長期海外ロケをしており、日本では秋田県を中心にロケをしていました。秋田のロケ地をめぐるツアーなどがあり、周りの人から「ツアー参加してきた。よかった。」という話を耳にしました。
2011年には映画「アイリス-THE LAST-」が公開されました。ドラマの内容に沿いつつも映画版ならではの、新たな展開や、秘密組織「アイリス」のすべてが明らかになるなど、楽しめるストーリではないでしょうか。

◆INTRODUCTION

特殊部隊の隊員キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)と親友のチン・サウ(チョン・ジュノ)は、諜報要員選抜のために部隊を訪れた国家安全局(NSS)の目に留まり、NSS要員として働くことになります。そこで、二人の上司でありNSSのプロファイラー チェ・スンヒ(キム・テヒ)に、二人同時に恋をするのでした。いつしかヒョンジュンとスンヒが恋人同士となり、サウは自分の本心を隠し二人を見守るのでした。

任務のためハンガリーに向かったヒョンジュンらは、見事なチームワークで任務を遂行します。任務成功を祝っていたヒョンジュンの元に、NSS副局長であるペク・サン(キム・ヨンチョル)から、呼び出しの連絡がはいるのでした。ペク・サンから告げられた内容は、危険な単独任務「北朝鮮最高人民会議委員長・ユン・ソンチョルの暗殺命令」でした・・・

裏切り 親友と敵対 復讐 秘密組織「アイリス」  ヒョンジュンの運命はどうなってしまうのか?

◆CAST

キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)
国家安全局(NSS)の要員 。ハンガリーでの北朝鮮要人暗殺任務後、ペク・サンや親友 サウの裏切りでスパイ容疑を掛けられ、北朝鮮だけでなく祖国からも追われる身となるのでした。

チェ・スンヒ(キム・テヒ)
国家安全局(NSS) プロファイリングの専門家。ヒョンジュンやサウの上司であり、ヒョンジュンの恋人。才色兼備で、温和な雰囲気であるが芯は強い。

チン・サウ(チョン・ジュノ)
国家安全局(NSS)の要員 。ヒョンジュンとは特殊部隊からの親友。ハンガリーにてペク・サンの命令で、ヒョンジュンに銃口を向けてからは、実質的にアイリスのメンバーとして暗躍する。

パク・チョリョン(キム・スンウ)
北朝鮮 護衛部 護衛チーム長。南北統一のためなら命も惜しまない構えだが本来は穏健派である。

キム・ソンファ(キム・ソヨン)
北朝鮮 護衛部要員。チョリョンの部下であり命令には絶対服従する。

ビック(T.O.P/BIGBANG)
組織からの命令で、ヒョンジュンを執拗に追う殺し屋。残酷非道、徹底的な合理主義者であり、任務遂行の為ならどんな手段も選ばない。

ペク・サン(キム・ヨンチョル)
国家安全局(NSS)副局長 以後局長に就任。長年に渡り、NSSのために人生を捧げてきたが、実は秘密組織「アイリス」のメンバーである。

 

※ブログ内で、使用してます画像などに問題がありましたら連絡をお願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください