限られた者だけが手にする生き残りのチケット『2012』

今回紹介する映画は2009年公開の、地球滅亡から限られた者だけが生き残ることができるというパニックムービー『2012』です。僕がこの映画を観て感じたことは「生き残る者と死に行く者の境界線は金。そして、人類存続に必要な才能(遺伝子)をもつ者たち。おそらく現実でも同じことなんだろうな。」ということでした。もしも、現実に地球崩壊のため逃げなければならないとして、全ての人間が救われることはないだろうと思います。それは、77億人いる人々全てを救うということは限りなく不可能に近いことであると思うからです。
ただ、この映画の中でとても心をうたれたシーンがありました。それは、合衆国大統領が娘に伝えた言葉とエイドリアン・ヘルムズリー博士に伝えた言葉。そして、残された合衆国国民への言葉です。

大統領から娘へ

お前が生きていると思うだけでどんなに力がでるか。
パパに残された仕事はただひとつ。みんなに真実を話すこと。
わかってさえいれば、みんな家族に別れを言える。
母親は子供をなぐさめ。それに父親は娘に許しを請える。

大統領からエイドリアン・ヘルムズリー博士へ

行きなさい。
君はあの飛行機に乗らないと・・・
君がこれから向かうのはすばらしき新世界だ。
ひとりの若い科学者は年寄りの政治家20人分の価値がある。

大統領から合衆国国民へ

国民の皆さんこれが最後の演説となります。
ご存知のように大変な災害がわが国を襲いました。
いいえ、全世界を・・・・・。
来るべき破滅を防げると言いたいがそれは不可能です。
今日は敵も味方もない。
今日はみんながひとつの家族として暗闇に足を踏み入れましょう。
わが国には様々な宗教がある。
しかし、次の言葉はあらゆる宗教の信仰心に通じると思います。
”主はわたしのひつじかい。わたし・・・・・・・。

1、生き残った人々を導くために逃げること。

2、逃げることができず、死に逝く人々と運命をともにすること。

どちらも大切であろうと思いますが、いまの日本に( )を選択するリーダーや政治家は何人いるのでしょうか?





 

◆INTRODUCTION

2009年 インド ナーガ・デン銅山にあるニューデリー大学 宇宙物理学研究所の科学者サトナムは、人類史上最大の太陽爆発により発生したニュートリノが物理的な異常反応をみせ地球の内部を熱しはじめていることを知り、さらには、このことが原因となり地殻変動を引き起こし地球規模の大災害が起きることを突き止めるのでした。その状況を知らされた政府機関の科学者エイドリアン・ヘルムズリー博士は、急ぎ合衆国へと戻り、カール・アンハイザー大統領首席補佐官を通し合衆国大統領へと報告するのでした。

2010年 報告をうけ内容を調査し、事実である確証を得た合衆国大統領は、G8サミットの場において参加国の首脳へ世界が崩壊するという事実を説明するのでした。そして、各国の協力のもと人類存続のため秘密裏に計画が遂行されていくことになるのでした。

2012年 リムジンの運転手として生計を立てている売れない小説家 ジャクソン・カーチスは、別れた妻と暮らす子供たちを連れ、イエローストーン国立公園にキャンプへと出かけます。国立公園に入ると車中のラジオにチャーリーと名乗る男の個人ラジオ放送がはいりこみ、国立公園で噴火が起きるということを耳にするのでした。
国立公園についたジャクソンたちは、ラジオのことは気にもとめず、湖のある思い出の場所へ向かっていくのですが、立ち入り禁止と書かれたフェンスが張られ行き止まりとなっていました。
フェンスを乗り越え湖に着くと湖は干上がっており軍が管理しているのでした。軍に連行されキャンプ場へと戻ったジャクソンたちは風変わりな男に話しかけられます。その夜、日中に出会った風変わりな男 チャーリー・フロストに地球滅亡の話と限られた人類存続のための計画や超高額なチケットを売っていることを聞かされるのでした。
一方、子供たちの母親はスーパーマーケットで大規模な地割れに遭遇してしまいます。すぐに子供たちを母親のもとに連れ帰ったジャクソンは、運転手の仕事へと戻り雇い主の息子を空港までおくりとどけます。そこでその息子がジャクソンに向け「僕たちは、大きい船のチケットがあるから生き残るけど。お前は死ぬんだ!」と口にするのでした。
その言葉を聞いたジャクソンは、チャーリー・フロストの言葉が真実であることを理解し、元妻と子供たち、そして元妻の彼氏ゴードンを連れ迫りくる危機から逃げるのでした。





◆CAST

ジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)
売れない小説家。ユーリの運転手。ノアとリリーの父親。

ケイト・カーティス(アマンダ・ピート)
ジャクソンの元妻。ノアとリリーの母親。美容整形外科医ゴードンの恋人。

ノア・カーティス(リアム・ジェームズ)
ジャクソンとケイトの息子。

リリー・カーティス(モーガン・リリー)
ジャクソンとケイトの娘。

ゴードン・シルバーマン(トム・マッカーシー)
人気美容外科医。ケイトの恋人。

エイドリアン・ヘルムズリー(キウェテル・イジョフォー)
合衆国政府機関の科学者。

トーマス・ウィルソン大統領(ダニー・グローヴァー)
合衆国大統領。

ローラ・ウィルソン(タンディ・ニュートン)
ルーブル美術館勤務。ウィルソン大統領の娘。

カール・アンハイザー(オリヴァー・プラット)
合衆国大統領首席補佐官。

サトナム(ジミ・ミストリー)
ニューデリー大学 宇宙物理学研究所の科学者。

ユーリ・カルポフ(ズラッコ・ブリッチ)
ロシアの大富豪。ジャクソンの雇い主。

アレク(アレキサンドレ・ハウスマン)
ユーリ・カルポフの双子の息子。

オレグ(フィリップ・ハウスマン)
ユーリ・カルポフの双子の息子。

タマラ(ベアトリス・ローゼン)
ユーリ・カルポフの彼女。

サーシャ(ヨハン・アーブ)
ユーリ・カルポフの部下。パイロット。

チャーリー・フロスト(ウディ・ハレルソン)
地球滅亡説を提唱し個人でラジオを運営している。


※ブログ内で使用しています画像などに問題がありましたら、[CONTACT]より連絡をお願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください