エリートサラリーマンの華やかでコミカルなアフターを描いた漫画『右曲がりのダンディー』

1986年に、講談社の「モーニング」に連載されていた、末松正博さんの漫画「右曲がりのダンディー」を紹介します。
連載中は読むことはできなかったのですが、就職して仕事にも慣れた頃、マンガ喫茶で読んで好きになった漫画です。主人公である一条まさとは、一流会社に勤めるエリートサラリーマン。しかも、二枚目なのにお茶目でプラス思考の超自信家という男。そんな彼のアフターファイブに焦点をあて、当時の流行を盛りこんだ、ちょっとエッチでコミカルな作品に仕上がっています。とても読みやすく面白い漫画でした。
40代・50代の人にとっては、懐かしい時代を思い出させてくれるのではないでしょうか。
ちなみに、1989年には玉置浩二さん主演で映画化されています。

タイトル「右曲がりのダンディー」の「右曲がり」とは・・・?

 

◆OUTLINE

主人公の一条まさとは、ルックス&スタイル抜群!
仕事や遊びなどをパーフェクトにこなすため、人前ではクールにキメていても、陰では常に努力を惜しまなないダンディーな男。彼の性格は、クール、知性的、社交的、ロマンチスト、ナルシスト、楽観的、計画的、好奇心旺盛、自意識過剰、責任感が強い、おとぼけ、お茶目・・・などなど、言い尽くせないほどの性格の持ち主で、日々いろいろな女性とデートを繰り返すほどの女好き。しかし、ただの遊び人ではなく、相手の女性を思いやり、まずは楽しませることをモットーにデートの計画を立て、きちんと相手の主張を尊重する気配りも兼ね備えています。
基本的には、美人には目がなく面食いなのですが、自分のことを想い、陰ながら気遣いをしてくれる地味な女性にも心配りをするなど、ただの女好きではないフェミニストらしい一面も持っています。
そんな彼の数多くの女性との遊びの日々が繰り広げられていくのでした。

女性達が一条まさとについて語った!!
一条さんは「男と女にはそれぞれ枠があり、その枠の中でお互いに自由であるべきだし主張すべきだ!」と、常に言っている。私たちは、男のおもちゃでも奴隷でもない。一条さんの素晴らしさを知っているから、甘えもするし主張もする。

 

◆一条まさと PROFILE

福岡出身の27歳。
身長は186cmとモデル並のスタイル。
一流会社の第一営業部に所属する営業マン。
ポルシェに乗りコンドミニアムに住む。
女性とナンパが大好きで、断られてもあきらめずにアタックを続ける。
金縛りによくあい、火の玉や幽霊とも恋愛をしてしまう。
特技は多数あり、ギター、腹話術、スポーツ・・・etc
身体的特徴 極端な右曲がり
家族 父・母・妹(一条典子)
友人 安田一生(27歳)一条の同僚。一流大学卒のエリートで、良きライバル。
友人 武道館 中目黒 筋金いりの女嫌い?女性と挨拶をしているうちに、なぜかズボンがさがってしまう。

性格
クール、知性的、社交的、ロマンチスト、ナルシスト、努力家、楽観的、計画的、好奇心旺盛、自意識過剰、プラス思考、責任感が強い、おとぼけでお茶目・・・などなど

◆奇抜な遊び・デート

  • 年末に半日かけて特殊メイクを施してWデートを楽しむ。
  • 接待を頼まれたモデルたちに、にんにく料理をご馳走したあと、ライトアップした青山墓地でタキシードに着替えダンスパーティーを開催。
  • ナンパ慣れした女性を、夜の競馬や、寄席・バッティングセンターなど、お酒・ディスコ・ホテル抜きのデートでもてなす。
  • 取り壊しの決まったボロ宿屋を貸し切り、参加者に最高のドレスアップで集まってもらい新年会を開催。
  • etc・・・・・。

◆Favorite story(勝手にBEST5)
  • DATE19 Dangerous
    学生時代に窓拭きのバイト中、安全ロープの片方が切れたことがきっかけで高所恐怖症となるが、ガラス張りのエレベーターガールを口説くため高所恐怖症を克服する。
  • DATE34 湯殿山麓 Roman村
    ストレス解消のために訪れた田舎の温泉で、その宿の亡くなった娘の幽霊とロマンスを楽しむ。
  • DATE46 今宵もパーティー Burning
    取り壊しの決まったボロ宿屋を貸し切り、参加者に最高のドレスアップで集まってもらい新年会を開催。そこでは、ストレス発散につながるイベントがくりひろげられる。
  • DATE84 Like Father Like Son
    突然、一条の前に1週間後に出産を控えた女性が現れ、自分が父親だと告げられる。身の覚えがありすぎる一条は、彼女の言葉を受けいれ、生まれてくる子供と妻となる女性のために、よき父、よき夫となるための修行をはじめるのでした。ところが・・・・・。
  • DATE94 From The Rainbow with Love
    一人の女性との出会いから、様々な幸運が舞いこんでくる。そして・・・

※ほかにも面白い話はたくさんありますが、あえて5話をピックアップしました。


◆一条の名言

  • 自分のコンプレックスがきっかけで、男嫌いになった女性へ(DATE35 魅惑のSweetest Taboo)
    絶望は愚か者の結論なり。
  • 彼氏と別れ涙を流す女性へ(DATE64 忘れじのManhattan)
    女の頬を伝う涙を唇でぬぐいとると、それをした男が女の不幸をすべてぬぐってあげられる。
  • 彼氏を他の女性にとられ、慣れない酒とタバコで背伸びをする女性へ(DATE93 ひとり酒場でOver The Night)
    男は素敵な女性のためなら喜んでかがむものさ。

ミチコ あれからどうしてるかな・・・
ひとみは今ごろパリでデザイナーの卵か・・・
ヨウコは歌手になるっていってたが・・・

みゆきは・・・

アキコは・・・・・・・


※ブログ内で、使用してます画像などに問題がありましたら連絡を、お願いします。取り下げ、削除など早急に対応します。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください