爽やかな恋のお話『恋は雨上がりのように』

恋=愛情をよせ思い慕うこと。

恋をしている時ってどんな気持だったのだろう?あまりにも昔のことすぎて思い出すのに時間がかかってしまいますが、「うれしい」「たのしい」「かなしい」「イライラ」など、喜怒哀楽すべてを感じていたように思います。
※心を活性化する最高のエネルギー源になっていたような・・・・・。

今回紹介する作品は、2018年公開の映画『恋は雨上がりのように』です。
思いをよせる相手にまっすぐ突きすすむ女の子と、自分を慕ってくれる女の子の気持を受け入れることができない男性の、爽やかな恋の話です。キャストやストーリーがとても良く素敵な作品に仕上がっています。


このシーンすき!

☆あたし店長のこと好きなんです。

★オレなんかのどこがいいの?

☆人を好きになるのに理由なんていりますか?

★同年代の子を好きなら理由はいらないけど、オレと橘さんなら理由はいると思うよ。
橘さん、やっぱり考え直したほうがいいよ。
45歳 夢も希望もなんにもないカラッポの中年なんだよ
僕は・・・・・

☆僕って言った・・・・・

この映画を観て感じた恋は、相手を大切に想うからこそ受け入れることがすべてではなく、相手にとって何が大切なのかを示してあげることも恋の形なのだと感じました。


もっと見る

妄想・空想 豊かな想像で最強の世界を描く『映像研には手を出すな!』

乃木坂46 齋藤飛鳥山下美月梅澤美波が主演を務めた学園青春ドラマ 2020年放送の『映像研には手を出すな!』を紹介します。
たかがアイドル・ドラマと思うなかれ!個性強めの女子高生役をそれぞれが見事に演じきったGoodな作品に仕上がっています。とくに、想像力豊かで極度の人見知りという浅草みどりを演じる齋藤飛鳥さんのアニメとも実写とも思えるような演技に釘付けでした。
もちろん、現実的で機転が利き、金に目がない金森さやかを演じる梅澤美波さん。楽観的で可愛い人気者 水崎ツバメを演じる山下美月さん。ともに役とシンクロしていて素晴らしかったです。
全6話、あっ!という間に見終わったって感じです。

(余談)10年前に娘達と離れて暮らすことになり心が落ちていました。そんな時メガシャキのCMに出演していた女性に心を奪われたんです。たぶん生まれてはじめてひと目惚れした人かもしれません。その人は、白石麻衣さんでした。このことがきっかけで、乃木坂46の番組 乃木坂って、どこ!⇒乃木坂工事中を欠かさず見るようになり、白石麻衣さんだけではなく乃木坂46のメンバー全員がお気に入りになりました。まるで、娘の成長を見ているようで癒されました。
そんなお気に入りのアイドルグループ 乃木坂46のメンバーが出演するドラマなので、贔屓目はあるかもしれませんが、それを差し引いても間違いなく楽しいドラマです。

※乃木坂46のコンサートや握手会など参加する機会はありましたが、自分の年齢を気にして行った事ありません。(T△T)

もっと見る